企業インタビュー

デュプロ販売株式会社 情報ネットワーク事業部 M様

パート派遣登用が組織を活性化。生産性も向上しました。

デュプロ販売株式会社

派遣スタッフはどのようなお仕事で活用されていますか?

当社は、主にデュプロブランドのデジタル印刷機 ・ 自動丁合機 ・ 紙折機 ・ 名刺作成システムといった機械を取り扱っております。
それ以外にシステム開発、ネットワーク構築やホームページ作成などの業務も行っており、私たち情報ネットワーク事業部はそれらのシステム構築を主に実施しています。
現在、私たちの部門では幅広い業種にてパートタイム派遣という形で勤務いただいております。
システム開発をお願いしている方、デザイン業務をお願いしている方、コーディングやテストに特化して就業いただいている方、事務職など様々な職域の方にご活躍いただいております。

なぜ派遣というスタイルを選ばれたのですか?

・業務の繁閑に合わせて、調節しながら
・お任せした業務に特化した形で
・人材確保ができる。
という点が主な理由です。
特に、技術職については、正社員での採用も進めておりますが、非常に採用が難しくなっておりました。
並行してフルタイムで働ける派遣スタッフの方も探しておりましたが、期待にそう方とはなかなか巡り合えません。
昨今の働き方改革は、弊社自体の取り組みでもあります。
おかげさまでお仕事自体も増えており、人員増強は待ったなしのところまで来ておりました。
そこで、現有社員の業務の中でも、その社員ではなくてもできる(のではないか?という)業務を切り出し、パート派遣のスタッフさんに協力いただこうと考えました。
私たち自身にとっても初めての取り組みであり、チャレンジでした。

コスト面について感じられていることは?

最終的には、
・コストメリット
・生産性改善
・顧客満足度向上
・正社員のキャリア開発
という、人件費以外の目に見えないコストメリットも出せていると思っています。

パート派遣スタッフを採用されてみていかがでしたか?

コストダウンはもちろんのことながら、実際に多くのパート派遣スタッフさんにご活躍いただきとても満足しています。
「生産性の改善」「顧客満足度の向上」、そして「社員のキャリア開発」といった点で、効果が発揮できてきました。
今回の取り組みにあたり、徹底的に社員の業務の棚卸をしました。
結果的に大きく3つの点で、相乗効果を得ることができました。

①生産性の改善
⇒社員がしなくてもよい業務と社員に時間をかけて取り組んでほしい業務を明確にできました。
また、パート派遣スタッフさんにお願いすべき業務の習熟度がわかり、お任せする内容も的確になりました。
つまり、それぞれの人材にとって、すべき業務が明確になり、集中して業務に従事できるようになったのです。

②顧客満足度の向上
①の取り組みが、スムーズな業務進行につながり、工程管理が理想的な状態になりました。ミスも減り、納期も守れる。納品後の対応なども減少しました。

③社員のキャリア開発
①と②の改善にともない、社員に本来お願いしたい、お客様との折衝、開発の上流工程など「重要度の高い仕事」に時間と収集をしていただけるようになり、今後のキャリアを考えたときにより良い環境を整えることができました。
まだまだ改善点はあると思いますが、よりより方向に向かっていると思います。

※業務分解をしたことは、そのほかにも
・社内での人材登用の話を進めやすくなった。
・派遣会社さんへの依頼が楽になり、ご紹介~就業までがスムーズになった。
・派遣スタッフさんの定着もよくなった。
といった副産物ももたらしてくれています。

主婦・ママに望むことは?

人材の登用、活かし方、育成は、今後、日本において大きな経営課題になるといわれています。
その点で今後企業は、より多くの主婦、ママ、マルチワーカーを活かしていく努力が求められると思っております。
我々のような立場のものが、会社自体に働きかけ、様々な立場の方々の働く場づくりを浸透させていく必要があると思っています。
ぜひ、みなさんは臆することなく、働く意志やご自身のできることのアピールをしていただきたいと思います。

企業概要
デュプロ販売株式会社
従業員数:210人(平成29年5月実績)
事業内容:デュプロブランドのIT機器をメインとした各種IT機器販売、システム開発、メンテナンス事業

PAGE TOP